2007年04月27日

オリンパス E-410〜群を抜く小型ボディがもたらす軽快感

どのメーカーも、デジタル一眼レフカメラのボディに関して「できるだけ小さく軽く」という路線は追い求めているものの、E-410の小ささと軽さは群を抜いている。

ここまで別格に小さいと、E-410の位置付けを「デジタル一眼レフカメラの流れにおける新しいカテゴリー」と見たくなる。

従来、最軽量であったデジタル一眼レフは、435gの「E-500」だ。

対してE-410は375gと、本体のみで14%も軽量化されている。

しかもバッテリーは従来の「BLM-1」(75g)から、小型の「BLS-1」(46g)に変更されているので、撮影時重量としてはさらに29gほど軽くなる。

ちなみに、7月発売の「E-510」は、460gとE-500より若干重たい。それでもE-410に次ぐ軽さである。

オリンパス E-410の価格を比較する
E-410

詳しくはこちら

posted by でじこ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

LM-E6750PH〜デジカメユーザー向けデスクトップパソコン

株)ソフマップと(株)マウスコンピューターは19日、(株)ニコンの画像編集ソフト『Nikon Capture NX』が付属するデスクトップパソコン“LuvMachines Sofmap Edition スペシャルモデル”『LM-E6750PH』を発表した。

ソフマップの一部店舗(東京・秋葉原のカクタソフマップと大阪・日本橋のなんば店 ザウルス2 ハード館)およびオンラインショップ“ソフマップ・ドットコム”(http://www.sofmap.com)で本日予約受け付けを開始しており、今月末に出荷を開始する。店頭での販売は5月初旬からの予定。価格は18万9800円。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界初!デジカメで彗星を発見したラブジョイ氏インタビュー

ラブジョイ彗星(C/2007 E2)は2007年3月15日、キヤノン350D(EOS Kiss Digital N)による写真から見つかった。これはラブジョイ氏にとって(学術用観測装置に頼らないという意味で)初めての彗星発見であるだけでなく、デジタル一眼レフカメラによる世界初の彗星発見だ。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルカメラ〜録画方式や画質の違い

 デジタルビデオカメラは機種によって記録媒体が異なる。

登場した当初は、ミニDV(デジタル・ビデオ)テープに録画し、カメラをテレビにつないで再生するタイプが主流だった。

過去に撮りためた映像を見たいという人には、このDVテープ型が向いている。

 一方、最近多くなった8センチDVDに録画するタイプは、DVDプレーヤーで再生できる。頭出しも簡単。

カメラ本体にHDD(ハードディスクドライブ)を内蔵したタイプもある。連続して長時間記録できる。

 どれを選ぶかは使い方次第。

「DVDに録画するタイプはダビングの必要がなく使いやすい。ただ、30分ほどでDVDを入れ替えなければならず、子供の運動会や学芸会などを撮るならHDD型が向いている」という。

画質にこだわるならハイビジョン録画ができるかどうかもチェックしたい。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「PowerShot TX1」〜片手で撮れる縦型ボディーの高倍率ズーム機

キヤノンのコンパクトデジカメは、光学3倍程度のズームレンズを搭載したスタイリッシュモデルが中心の「IXY DIGITAL」シリーズと、初心者向けからマニアックなものまでバラエティーに富んだ製品をラインナップする「PowerShot」シリーズの2つに分けられる。

今回紹介する「PowerShot TX1」(以下、TX1)は、いままでのキヤノンのコンパクトデジカメにはないデザインを採用した高倍率ズームモデルだ。

PowerShot TX1の価格を比較する
PowerShot TX1

詳しくはこちら


posted by でじこ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | キャノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンパス「μ780」〜ピックアップレビュー

オリンパスのコンパクトデジタルカメラ「μ780」が4月20日に発売された。

生活防水でおなじみのμシリーズ。

μ780はμ750の後継機であると同時に、μシリーズの最上位モデルにもあたる。

新たに顔検出機能や撮影イメージが事前にチェックできる「パーフェクトショットプレビュー」が追加された。

もちろん手ブレ補正機能もついている。

MYCOMジャーナルの「価格情報」でのμ780の平均税込み価格は44,800円(4月20日現在)だ。

このスタイリッシュボディに生活防水機能を盛り込んだμシリーズの最新モデルを紹介しよう。

オリンパス「μ780」の価格を比較する
オリンパス「μ780」のユーザーレビューを見る

詳しくはこちら
posted by でじこ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カシオ EXILIM Hi-ZOOM EX-V7〜横須賀で望遠スナップ

EX-V7はもともと望遠に強い。

さらにHDズームを使うと、はるか遠くの被写体を引き寄せることができる。

望遠端の焦点距離は、

7M(最大解像度)が 266mm相当、
5Mが319mm相当、
3Mが399mm相当、
2Mが509mm相当、
VGAが1,262mm相当

(Exifには記録されないので、それぞれ解像度ごとのズーム倍率から割り出している)。

PCでトリミングしても同じことなのはわかっているものの、現場で構図をあれこれ試すのは楽しい。

カシオ EXILIM Hi-ZOOM EX-V7の価格を比較する
カシオ EXILIM Hi-ZOOM EX-V7のユーザーレビューを見る

詳しくはこちら


posted by でじこ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カシオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Xacti DMX-CA6を固定したいなら…

三洋電機のXacti DMX-CA6をで唯一困るのは、独特の形状から、テーブルに置いて撮影できないことだ。

三脚穴がないため、三脚も使えない。

そこでケンコーの「マルチクリッパー」。

その形だけ見ればやや仰々しさも感じられるが、これがなかなかの優れもの。

マルチクリッパー本体を三脚に取り付られるので、その後大きなゴム製のクリップででカメラを挟んでしまえば、三脚に取り付けられないXactiでもあっという間に固定完了!

 三脚を使うから高さの調整もでき、式場などで固定カメラとしても活躍できるというわけだ。

実はもともとレフ板やディフューザーを固定するためのクリップなのだが、挟めるものならなんでも使ってしまえ!というわけなのである。

詳しくはこちら
Xacti DMX-CA6の価格を比較する
posted by でじこ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エツミ「ビュープレーヤー 2.5インチ用(E-1578)」〜固定式液晶モニターを可動式に?

 ミラーで液晶モニターを反射させて見ることで、光路を90度曲げて、ハイアングルやローアングル撮影でモニターを見ることができる、というアイデア商品。

製品自体は非常にシンプルな構造で、カメラの液晶モニターの周辺に両面テープで取り付ける「枠」と、その枠にはめ込む枠にアームが付いていて、アームの先に両面ミラーを取り付けている。

本体に接着した枠だけ残して、ミラーとアームの付いた枠だけを取り外すこともできる

詳しくはこちら
posted by でじこ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニー DSC-G1〜無線LANデジカメのマイルストーンになれるか!

デジタルカメラの進化は、とどまるところを知らない。

手ブレ補正はもはや当たり前、高感度撮影機能や顔認識AFなど、次々と新たな機能を搭載する最新モデルが登場している。

こうした流れの中、ソニーがリリースしたのが無線LAN機能を搭載する「DSC-G1」だ。

これまでにもニコン、サンヨー、キヤノンが無線LAN搭載デジカメを投入したが、いずれも「業界標準」には至っていない。

DSC-G1は本流となれるのだろうか。

Cyber-shot DSC-G1の価格を比較する
Cyber-shot DSC-G1のユーザーレビューを見る

詳しくはこちら

posted by でじこ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GR DIGITAL用のファームウェアをVistaに対応

リコーは20日、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」用の最新ファームウェアを公開した。バージョン番号はVer.2.31。

適用することで、Windows Vistaに対応する。

機能の追加や変更はない。Windows用とMacintosh用のものが用意されているが、いずれも内容は同じ。

GR DIGITALは、2005年10月に同社が発売したコンパクトデジタルカメラ。

1/1.8型有効813万画素CCD、35mm判換算28mm、開放F値F2.4の単焦点レンズなどを搭載する。

GR DIGITALの価格を比較する
GR DIGITALのユーザーレビューを見る

詳しくはこちら




posted by でじこ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

デジカメ購入ガイド〜オリンパスイメージング

オリンパスイメージングは、ライバルメーカーの製品には見られない特徴的な機能や装備を持つ機種を意欲的に投入するなど、この春注目のメーカーの1つだ。

特に目を引くのが、高倍率ズームモデル「SP-550UZ」と、防水対応の薄型モデル「μ770SW」。

SP-550UZは、ズーム倍率を18倍まで上げるとともに、28mmの広角域からカバーしたのがポイント。また、従来シリーズで欠けていた手ぶれ補正機構も搭載し、高倍率ズーム機としての完成度が高まった。
posted by でじこ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SP-550UZ〜実売価格…6万円前後

この春注目の高倍率ズームモデル
28〜504mmまでをカバーする18倍ズームレンズ
CCDシフト方式の手ぶれ補正機構を搭載
最高ISO5000までの高感度撮影に対応
高級感と存在感のあるデザインに一新

SP-550UZの価格を比較する
SP-550UZのユーザーレビューを見る
posted by でじこ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

μ770SW〜実売価格…4万円台後半

水中撮影が従来の5mから10mにアップ
5mからの落下や100kgの重さに耐える衝撃性能
デザインを一新して高級感を高めた
圧力センサー搭載により、水圧などが記録できる
視野角が広いうえに精細な2.5型液晶モニター

μ770SWの値段を比較する
μ770SWのユーザーレビューを見る
posted by でじこ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

μ760〜実売価格…3万9800円

CCDシフト方式の手ぶれ補正機構を内蔵
美しい3色のカラーバリエーションを用意
ISO1600までの高感度撮影に対応
初心者向けのヘルプ機能が充実

μ760の価格を比較する
μ760のユーザーレビューを見る
posted by でじこ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAMEDIA FE-250〜実売価格…3万9800円

ISO10000の超高感度撮影が可能
1/1.8型の大型800万画素CCDを搭載
ヘアライン加工で高級感のあるボディー

CAMEDIA FE-250の価格を比較する
CAMEDIA FE-250のユーザーレビューを見る
posted by でじこ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAMEDIA FE-240〜実売価格…2万9800円

世界最薄の光学5倍ズームモデル
厚さ20mmの薄型ボディー
焦点距離は38〜190mmで、遠くの被写体も大きく撮影
シルバーとブラックの2色を用意
再生時に実行できる電子式手ぶれ補正機能

CAMEDIA FE-240の価格を比較する
CAMEDIA FE-240のユーザーレビューを見る
posted by でじこ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAMEDIA FE-230〜実売価格…2万5800円

最薄部16.5mmの薄型ボディー
低価格ながら高級感のある金属外装
再生時に実行できる電子式手ぶれ補正機能

CAMEDIA FE-230の価格を比較する
CAMEDIA FE-230のユーザーレビューを見る
posted by でじこ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CAMEDIA FE-220〜実売価格…2万2800円

高級感のあるステンレス製ボディー
シンプルでクセのない薄型デザイン
最高ISO640でぶれを抑えた撮影が可能
2万円台前半のお手ごろ価格
CAMEDIA FE-220の価格を比較する
CAMEDIA FE-220のユーザーレビューを見る

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | オリンパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

最新デジカメガイド〜キャノン

 キヤノンの春モデルは、引き続きデザインにこだわりを見せつつ、カメラの基本性能を引き上げた点が特徴だ。

この春に登場したIXY DIGITALやPowerShotの上位モデルでは、撮像素子を1/2.5型有効710万画素CCDに統一。

人物の顔を認識してきれいに撮影する「フェイスキャッチテクノロジー」は、新たにストロボ発光量を調整する「顔優先FE」と、撮影後に任意で実行できる「赤目補正機能」を追加。

これにより、人物撮影の失敗がさらに少なくなる。

IXY DIGITALは、イメージキャラクターを俳優のオダギリジョーさんにバトンタッチ。

カメラの性能も向上しており、昨年末の「IXY DIGITAL 900 IS」に引き続いてこの春もベストセラーになりそう
posted by でじこ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キャノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こちらもどうぞ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。