2007年05月25日

EXIF (1)――JPEG画像を引き立たせる「EXIF」

デジタルカメラで撮影した写真には、知らず知らずのうちたくさんの情報が記録されている。

今回は、その「EXIF」が制定された理由と基本的な仕組みについて説明しよう。


EXIFは“デジカメ写真の情報庫”

デジタルカメラで撮影した写真(JPEG)には、画像以外にも多くの情報が記録されている。

撮影日時にカメラの機種名、レンズのF値やシャッター速度などなど、その情報を参照すれば写真に関する多くがわかる。

EXIF(Exchangeable image file format)は、市販のデジタルカメラほとんどすべてに採用されている、

情報の記録に関するオープンな仕様だ。

電子情報技術産業協会(JEITA)により規格化され、2002年公開のEXIF 2.2が最新版となっている。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(3) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BCN、「デジタルカメラ」の販売動向結果を発表

デジタルカメラ、コンパクトと一眼レフとも2ケタ成長続く

「コンパクト」も800万画素以上の比率が拡大、「一眼レフ」は年末以降もニコンがトップシェア

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(2) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SDメモリーカード「SDHC Class6 8GB」

8ギガバイトの大容量のため高解像度でのデジタルカメラの撮影、デジタルビデオカメラの動画撮影などのデータ保存に適している。

撮影可能枚数は600万画素のデジタルカメラで約2400枚。

転送速度は毎秒6メガバイトを保証。著作権保護機能、書き込み保護機能付き。価格は3万5000円前後。6月上旬発売。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(2) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジカメ市場、コンパクト/一眼レフともに2ケタ成長を維持

BCNは5月23日、デジタルカメラの販売動向に関する調査結果を発表した。それによると、2007年4月の販売台数は、コンパクトカメラが前年同期比10.9%増、一眼レフカメラが同74.7%増で、いずれも1月以降は2ケタ成長を維持しているという。

デジタルカメラの高画素化が続いている。

コンパクトカメラは800万画素以上の比率が4月に18.1%に達した。

一方、600万画素未満は2006年11月の9.8%から4月の2.9%へと、減少の一途をたどっている。

一眼レフの場合、1000〜1200万画素が主流。今年1月からは低画素モデルの比率低下が顕著になっている。

台数ベースの市場シェアをみると、コンパクトカメラではキヤノンが20%台を維持したまま独走しており、今年4月のシェアは21.5%。

2位が松下電器の16.5%。以下、カシオ、ソニー、オリンパスが10%台前半で並ぶ。

一眼レフは、年末商戦時にニコンがキヤノンを抜き、以来トップを維持する。

4月のシェアはニコンが49.3%、キヤノンが35.4%。3位以下はペンタックス、オリンパス、ソニーが10%未満を推移しながら接戦を続けている。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(2) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

DxO Labs、DxO Optics Pro用カメラモジュールの最新版を公開〜FinePix S5 Pro/S3 Pro、K10Dに対応

仏DxO Labsは23日、同社のデジタルカメラ用RAW現像&画像補正ソフト「DxO Optics Pro Ver.4.2」用の最新カメラモジュールを公開した。

 最新モジュールを適用すると、富士フイルムFinePix S5 ProとFinePix S3 Pro、ペンタックスK10Dへ対応する。

同モジュールは下記の交換レンズとの組み合わせをサポートする。

FinePix S5 ProとS3Proの対応交換レンズ

* AF Nikkor 50mm F1.4 D
* AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4 G (IF)
* AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8 G (IF)
* AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5 G (IF)
* AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6 G (IF)

K10の対応交換レンズ

* smc DFA Macro 50mm F2.8
* smc DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
* smc DA 50-200mm F4-5.6 ED

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(1) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三洋「DMX-HD2」をアップデート〜HDMI出力時に音声が出ない不具合を修正

三洋電機株式会社は、720p/MPEG-4録画に対応するムービーカメラ「DMX-HD2」の最新ファームウェアを公開した。

ファイルサイズは1.65MB。

更新後のバージョンはVer.1.1.0。

ファームウェアの更新により、クレードルに備えるHDMI出力利用時に、一部のテレビで音声が出なくなる不具合が改善される。

DMX-HD2は、720p/1,280×720ドット解像度のHD映像が記録可能なムービーカメラの最新モデル。

720p動画を撮影しながら、700万画素の静止画撮影が同時に行なえる。

記録メディアはSDHCを利用する。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンコー「デジカメスタジオDS-600」〜レフ板のような構造がユニークな小型撮影スタジオ

商品写真を撮るとなるとスタジオでバックをセットし、きちんとライティングをすることでいい写真が撮れると思われてきた。

しかし今では、かつて商業写真家の仕事だったいわゆる「ブツ撮り」を、ネットオークションなどの普及に伴って、誰でもデジタルカメラで撮影するようになった。

そのようなニーズに呼応するように出てきたのが、簡易型の撮影ボックスである。

さまざまな写真用品メーカーから発売されていて、形状や折りたたみ方法などで工夫を凝らしているが、今回チェックした「ケンコーデジカメスタジオDS-600」(7,140円)は、今までに扱った中では最も簡単にセットできる製品だ。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(1) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から始めるデジカメ撮影術〜海外旅行には準備が必要

海外旅行といっても期間や行き先によってさまざまだが、今回は1週間程度の長さで欧米の適当な場所へ出かける、という想定にしてみよう。

とりあえず、1週間も行くとなると確実に「バッテリー」と「メディア」の問題が発生する。

1日に10枚程度しか撮らないとか、撮影枚数を稼ぐためにVGAモードで撮るとか、そういうのは想定外。せっかくの旅行なのだから、思う存分、高画質で撮って帰ろう、という前提である。

まずはバッテリー関連。

まずは、充電器裏側の表記をチェック。対応電圧が書いてあるからだ。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

カシオ EXILIM Hi-ZOOM EX-V7〜ひし形絞りの活用法

今回は趣向を変えて、「EXILIM Hi-ZOOM EX-V7」(以下EX-V7)の変な特性と、それを活すための最近の取り組みを報告したい。

発見したのは第3回の横須賀スナップにおいて。

夜、港内に浮かぶ潜水艦を1段階絞って撮ったところ、水銀灯にクロスフィルターを使ったかのような光芒(光の筋)が出た。

確かに、絞りが小さいコンパクトデジタルカメラで夜景を撮ると、異様に光芒が長くなるケースが見られる。

しかし、EX-V7の光芒はひと味違う。

カシオ EXILIM Hi-ZOOM EX-V7のユーザーレビューを見る
カシオ EXILIM Hi-ZOOM EX-V7の価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | カシオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンタックス「K10D」がグランプリ〜カメラグランプリ2007

1年以内に日本国内で発売されたスチルカメラの中から、もっとも優れた1台を表彰する「カメラグランプリ2007」が発表された。

グランプリには、ペンタックスの一眼デジタルカメラ「K10D」が選ばれた。

選考理由としては、

1020万画素CCDによる高画質

幅広いレンズに対応するカメラ本体内での手ブレ補正機構SR(シェイクリダクション)

ゴミの写りこみを抑えるホコリ除去機構DR(ダストリムーバル)

さまざまな撮影条件でも安心して使える防塵

防滴構造の堅牢なボディ

さらに使用者の撮影意図に応える多彩かつ独自の露出モード

撮影機能を多数装備しながら多くのユーザーが購入しやすいリーズナブルな価格などが挙げられている。

 また、大衆性や話題性、先進性などに特に優れた製品に贈られる「カメラ記者クラブ特別賞」には、デジタル一眼レフに新規参入したソニーの「α100」、ソフトウェアとして初受賞となるアドビシステムズの「Photoshop Lightroom」が選出された。

ペンタックス「K10D」のユーザーレビューを見る
ペンタックス「K10D」の価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EXILIMケータイ「W53CA」5MカメラとワイドVGA液晶

53ca02s.jpg「W53CA」は、515万画素のオートフォーカス対応CMOSカメラに約2.8インチのワイドVGA液晶を搭載したカシオ計算機製のCDMA 1X WIN端末。

同社のデジタルカメラ「EXILIM」のブランドを冠し、ボディのデザインをはじめカメラのメニュー画面なども「EXILIM」をイメージしたデザインに仕上げられている。

新規契約時の店頭価格は1万円台後半の見込みで、発売時期は8月以降。

カメラ機能では、高画質な撮影技術を「EXILIMエンジン for Mobile」として搭載する。

515万画素のCMOSカメラは、オートフォーカス、ソフトウェア処理による6軸手ブレ補正機能、高感度・高速シャッターによる手ブレ軽減機能をサポート。

肌色を自動的に補正する「記憶色補正」やシーンに応じて選べる「ベストショット機能」、「9ポイントオートフォーカス」機能なども用意されている。

またレンズには28mm相当の広角レンズを採用し、集合写真や風景写真でも便利な画角になっている。日本語、英語に対応する文字読み取り機能もサポートする。

液晶ディスプレイには約2.8インチ、480×800ドットのワイドVGA液晶を装備。パネルにはIPS液晶を採用している。

このほか、液晶を表にして閉じるビュースタイルでは、カメラのシャッターボタンがカメラ前方に傾斜するようデザインされるなど、デジタルカメラを強く意識したデザインが特徴になっている。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「EXILIMケータイ」登場!〜いよいよケータイがデジカメになる!? auから

casio_s.jpg「EXILIM」といえば、カシオのデジカメブランド名。

スタイリッシュなデザインに大画面液晶、そして今のコンパクトデジカメの先駆けともいえる薄型ボディーで広く人気を獲得している。

特徴は、やはりカメラ機能。

515万画素カメラにソフトウェア処理での手ブレ補正モードを搭載。

高感度・高速シャッタースピードでの手ブレ補正(軽減)機能も備えており、小型のボディーのカメラで悩みのタネであった手ブレを徹底的に防ぐ。

加えて見たままの色を写真に落とし込む「記憶色補正」やシーン別に最適な設定で撮影してくれる「ベストショット機能」などを搭載。

さらにレンズは28mmの広角レンズなど、普通のデジカメと機能面で勝るとも劣らない、「EXILIM」の名にふさわしい真のケータイデジカメだ。

ちなみに液晶パネルは約2.8インチのワイドVGAを採用する。

発売は8月以降を予定。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「デジカメの注文承りました」――偽の注文確認メールに要注意

「デジタルカメラの注文を受け取りました。

クレジットカードに865オーストラリアドルを課金しました」という内容の、Dellのオンラインストアを装った偽メールが横行している。

英セキュリティ企業Sophosが5月18日、報告した。

メールはキヤノン製デジカメの注文を受けたとして、クレジットカードに865オーストラリアドルを課金したという、注文確認書を装った内容。

当然覚えのないメールを読んで不安になった受信者が、メール本文にある「注文内容はプロフィールで確認できます」のリンクをクリックすると、ウイルスに感染したり、個人情報を盗み出すWebサイトへ飛んでしまうという。

みなさん、気をつけてくださいね。

詳しくはこちら
posted by でじこ at 01:15| Comment(43) | TrackBack(0) | デジカメ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DMC-FX100 米Panasonic、1220万画素CCD搭載のコンパクトデジカメ

米Panasonicは5月21日(現地時間)、有効1220万画素の1/1.72型CCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「DMC- FX100」を発表した。

アスペクト比4:3で最大4000×3000ピクセル、3:2で最大4000×2672ピクセル、16:9で最大4000× 2248ピクセルの画像を撮影できる。

レンズはLEICA DC VARIO-ELMARITを採用。

35ミリ換算で28〜100ミリ、F2.8〜5.6の光学3.6倍ズームだ。

最短撮影距離は50センチ。マクロモードでは5センチとなっている。

画像処理LSIは「Venus Engine III」。

感度はISO80〜1600。

高感度モードではISO1600〜6400をサポートする。

またHigh-speed Burst Shootingモードでは、200万画素で8枚/秒の連写が可能だ。

手ぶれ補正機構「Mega O.I.S.」と自動増感機能「Intelligent ISO Control」を装備。

液晶モニターは20万7000画素の2.5型だ。撮影した写真をカテゴリー分けし、カテゴリーごとに再生できる。

DMC-FX100の価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パナソニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

PowerShot S〜ついにホットシューを搭載

PowerShot S5 ISは、2006年4月に発表された『PowerShot S3 IS』の後継機種。

数字の示す意味を嫌う地域(日本以外にもアジアの一部)があることを配慮して、S4を飛ばした製品名が付けられた。

S5 ISの特徴は、液晶パネルを2.5インチ(従来は2.0インチ)に大型化し、記録画素を有効800万画素(従来は約600万画素)に強化。

画像処理エンジンも“DIGIC(ディジック) II”から“DIGIC III”に進化させており、画角の中から人物の表情を自動検出してフォーカス/露出/ストロボ発光量を最適化する“顔優先AF/AE/FE”や、カメラ本体での再生時に赤目部分を自動補正して表示する(撮影データそのものは改変しない)“再生時の赤目補正”などが搭載された。

また、従来同様光学式手ぶれ補正機能(Image Stabiliser)を搭載する。

外観でも機能面でも、一番の違いは、内蔵ストロボの後端に“ホットシュー”を搭載したことだ。

これはレリーズ(シャッター)と同調するだけでなく、上記の顔優先FEによる発光量調整も行なえる(対応ストロボ使用時)。

対応ストロボは、“キヤノンスピードライト 220EX/430EX/580EX/580EXII”。

Power Shot S5 ISの価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キャノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜崎あゆみとハローキティのコラボデジカメ

avexは、浜崎あゆみとハローキティのコラボレーションブランド“ayumi hamasaki×Hello Kitty”の第3弾アイテムとして「ayumi hamasaki×Hello Kitty×LUMIXコラボデジタルカメラ(白) 限定スペシャル仕様」を発表した。価格は5万4,600円。

ファンクラブ向けに、5月18日より先行販売が行なわれ、6月中旬よりオフィファルショッピングサイト「ミュウモ・ショップ」で数量限定の販売が開始される。

同機は「パナソニック LUMIX DMC-FX30」の特別バージョン。

機能的な変更はないが、ボディに浜崎あゆみのトレードマーク「A」とハローキティをあしらったオリジナルロゴが施され、電源オフ時には同じロゴが液晶モニターに表示される。また、同じロゴの入った専用ケースと専用ボックスが用意される。


詳しくはこちら
なお、同コラボレーションでは、浜崎あゆみの「A」マークとキティにスワロフスキーのラインストーンをちりばめたコラボストラップ「ayumi hamasaki×Hello Kitty×ASH & DIAMONDS(GOLD/SILVER)」も同時に発売される。価格は9,975円。
posted by でじこ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パナソニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

Power Shot S5 IS 〜 キャノン

光学12倍ズームのデジタルカメラ「PowerShot S5 IS」も同日発表した。

2006年4月に発売した「S3 IS」の後継機種で、810ISと同様に画像処理エンジンを新しくし、画素数を800万に増やした。6月中旬の発売で価格は5万5000円程度の見込み。

Power Shot S5 ISの価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | キャノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キヤノン「IXY 810IS」を6月発売 〜 800万画素のコンパクトデジカメ

キヤノンは17日、コンパクト型のデジタルカメラ「IXY 810IS」を6月中旬に発売すると発表した。

2006年4月に発売した「800IS」の後継機種で、最大の画素数が600万から800万に増えたほか、画像処理エンジンを刷新して人の顔を認識してピントを合わせることができるようになった。

価格は4万7000円程度の見込みで、月産18万台を予定している。

基本的な外観やレンズなどは800ISと同等だが、画像処理エンジンやCCDなどを内部機能を向上させた。

ISO感度は1600までに対応し、手ブレが起きない感度まで自動的に引き上げる機能を搭載した。

動画撮影の機能も向上した。

最大で640×480ピクセル、1秒間に30フレームの動画撮影ができ、動画撮影中に露出やホワイトバランスを自動調整できる。

キヤノン「IXY 810IS」の価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | キャノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リコー Caplio GX100 〜 私にこの「ナイフ」は必要だろうか?

ケニー・オブライエン氏の気になるデジカメリポート

GX100は、72mmという中望遠領域のズームレンズを搭載している。

これにひかれたことは確かだ。

GX8は、撮影画質にはノイズが多めで不満があったが、レンズはけっこう気に入っていた。

リコーによると、GX100はGX8の後継機種ということなので、レンズも画質も改善されているだろうと予想した。

そして結局、発売前にリコーのサイトやデジカメWatchに掲載された作例はあまり真剣に見ずに「かごに入れた」。

どうも、これからGX100を買うか、GR DIGITALにするか悩んでいる人がけっこういるようだ。

この気持ちはとてもよくわかる。

リコーはそれぞれを異なるタイプのナイフにたとえているが、果たしてそうなのだろうか。

私は両方とも持って、アメリカのニュー・イングランド地方に出かけた。

Caplio GX100のユーザーレビューを見る
Caplio GX100の価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下電器産業「LUMIX DMC-TZ3」

松下電器産業の「LUMIX DMC-TZ3」は、「きみまろズーム」のテレビCMでおなじみのコンパクトデジカメだ。

薄型ボディーに光学10倍ズームレンズを搭載する、というコンセプトは旧モデル「DMC-TZ1」と同じだが、数多くの魅力的な改良が施されている。

まず1つが、レンズユニットを沈胴式のみに改良したことだ。

従来は屈曲光学系との併用だったが、レンズの改良により屈曲光学系を不要とし、本体の幅を抑えるとともに画質やズームの速度を向上した。

また、従来は35mmからの光学10倍ズームだったが、TZ3では広角28mmからのズームになった。

望遠側のカバー範囲は狭くなったが、広角側をサポートしたのは大きな魅力だ。

さらに、背面の液晶モニターを3型に大型化し、撮る楽しみと見る楽しみをアップしている。

細かい部分では、レンズバリアをTZ1の脱着式から自動開閉のシャッター式に変更するなど、利便性を上げる改良を行った。

LUMIX DMC-TZ3の価格を比較する
LUMIX DMC-TZ3のユーザーレビューを見る

詳しくはこちら
posted by でじこ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パナソニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こちらもどうぞ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。