2008年11月12日

改革開放30年、電子情報産業規模は世界トップに


中国の電子情報産業はこの30年、主に軍事用から世界の製造基地に転換し、対外貿易総額における電子情報産業の輸出額の比率も0.3%から37%に上昇している。
 また珠江デルタや長江デルタ、環渤海地域では、3つの電子情報産業ベルトが形成され、携帯、マイクロコンピューター、デジタル電話交換機、カラーテレビ、デジタルカメラなどの電子製品の生産高は世界一となっている。
中国が自主的な知的所有権を有するTD−SCDMAや、デジタルオーディオプレイヤー、デジタルビデオなどの開発に成功したことは、国際規準の制定において中国の発言権も強まっている。
写真は聯想(レノボ)の代表取締役、楊元慶氏。


【ニュース元】改革開放30年、電子情報産業規模は世界トップに
posted by でじこ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
こちらもどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。