2007年05月16日

LUMIX DMC-TZ3〜28mmからのズームに意味がある

パナソニックのデジタルコンパクトカメラ「LUMIX DMC-TZ3」(以下、TZ3)が発売された。

TZ3は28-280mm(35mm判換算)の10倍ズームと大画面3型液晶が最大の特徴だ。マイコミジャーナルの「価格情報」での平均税込み価格は42,626円(4月13日現在)となっている。

ユーザーが欲しいと思う機能を詰め込んだTZ3をレポートしよう。

TZ3は2006年3月に発売されたTZ1の後継機に位置する。

TZ1は「旅カメラ」という位置づけで光学10倍ズームを搭載していたが、焦点距離は 35〜350mm(35mm判換算。以下同)だった。

TZ3の大きな変更点は、焦点距離が28〜280mmになったことだろう。

つまり、少しワイド寄りになったわけだ。

主流の焦点距離は35mmからはじまるものが多いなか、パナソニックは28mmを主流ラインナップに採用してきた。

詳しくはこちら
LUMIX DMC-TZ3の価格を比較する
LUMIX DMC-TZ3のユーザーレビューを見る


posted by でじこ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パナソニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
こちらもどうぞ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。