2007年05月19日

DSC-W200 〜 世界初 1210万画素のデジカメ登場

1210万画素のカメラが新発売―。そう聞くと一眼レフデジタルの新商品のことかと思いきや、なんと小型のデジカメだというからちょっと驚く。

これはソニーが先日発表した新製品、サイバーショット『DSC-W200』のニュース。

6月1日に発売されるこの“Wシリーズ”の最上位機種は、前述のとおりコンパクトタイプのデジカメとしては世界初という有効1210万の高画素数が注目される製品だ。

その画素数を実現しているのは、カメラに搭載されている新開発の1/1.7型Super HAD CCD。

これにより、被写体の質感や色彩を忠実にとらえられるだけでなく、ズームの際にも画質の劣化を最小限に抑え、高画質のまま記録することができるという。

DSC-W200の価格を比較する

詳しくはこちらこちら
posted by でじこ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(2) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

DSC-W200〜1,210万画素 CCD を搭載したコンパクトデジタルカメラを発売

ソニーは、2007年5月14日、コンパクトデジタルカメラ「Wシリーズ」最上位機種として、有効1,210万画素 CCD を搭載したサイバーショット「DSC-W200」を、6月1日から発売する、と発表した。

DSC-W200は、新開発の有効1,210万画素1/1.7型 Super HAD CCD とカール ツァイス「バリオ テッサー」レンズを使用し、高精細で鮮やかな色再現性を実現。

光学式手ブレ補正機能と ISO6400 の高感度設定画可能な「EX高感度モード」を搭載し、暗い室内での撮影でも手ブレや被写体ブレを最低限に抑える。

画像処理前の RAW データに直接ノイズリダクションをかけることで高感度ノイズを最小限に抑える同社の信号処理技術「クリア RAW NR(ノイズリダクション)」を搭載。

DSC-W200の価格を比較する

詳しくはこちら
posted by でじこ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ソニー DSC-G1〜無線LANデジカメのマイルストーンになれるか!

デジタルカメラの進化は、とどまるところを知らない。

手ブレ補正はもはや当たり前、高感度撮影機能や顔認識AFなど、次々と新たな機能を搭載する最新モデルが登場している。

こうした流れの中、ソニーがリリースしたのが無線LAN機能を搭載する「DSC-G1」だ。

これまでにもニコン、サンヨー、キヤノンが無線LAN搭載デジカメを投入したが、いずれも「業界標準」には至っていない。

DSC-G1は本流となれるのだろうか。

Cyber-shot DSC-G1の価格を比較する
Cyber-shot DSC-G1のユーザーレビューを見る

詳しくはこちら

posted by でじこ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

今が買い時! 最新デジカメ購入ガイド・2007春 ソニー編

ソニーのコンパクトデジカメ「Cyber-shotシリーズ」の春モデルは、人気の「音フォト」がハイビジョン対応になったことと、強力な顔認識機能を搭載したこと、画像処理エンジンにデジタル一眼レフ「α」で実績のある「BIONZ」を採用したことなどが、大きな改良点として挙げられる。

ハイビジョン表示に対応した音フォトは、表示のクオリティーが大幅にアップし、手持ちのハイビジョンテレビの実力を存分に発揮できるようになった。
posted by でじこ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber-shot DSC-G1

Cyber-shot DSC-G1〜「これまでに撮った画像をすべて詰め込み、ビューワー感覚でいつでも楽しむ」という新しいコンセプトのコンパクトデジカメ。DLNA対応のデジタル家電と無線LANで連携できる。さらに、複数のDSC-G1同士を接続して、撮った画像を別のDSC-G1に送る、というユニークな使い方もできる。
posted by でじこ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber-shot DSC-T100

Cyber-shot DSC-T100〜3型の大きな液晶モニターを搭載する、Cyber-shot Tシリーズの上位モデル。スリムボディーながら、光学式手ぶれ補正機構付きの5倍ズームレンズを搭載。ライバル機種よりも遠くの景色を大きく引き寄せられる。追従性の高い強力な顔認識機能を搭載。ハイビジョン画質に進化した音フォト。
posted by でじこ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber-shot DSC-T20

Cyber-shot DSC-T20〜Cyber-shot Tシリーズの売れ筋モデル。本体デザインを一新し、本体を小さく見せる「小顔デザイン」。ピンクを含むカラーバリエーション。背面は、4方向ボタンが各方向独立型からオーソドックスな円形に変わるとともに、ブラックを基調としたフラットで高級感のあるデザインに変更。レンズのスペックはオーソドックスだが、CCDは有効710万画素が標準的な春モデルの中で頭1つ抜け出している。顔認識機能やハイビジョン対応の音フォトなど、特徴的な機能は上位機種の「DSC-T100」と同じで、デジカメとしての基本性能は高い。
posted by でじこ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber-shot DSC-H7

Cyber-shot DSC-H7〜◇従来モデルと比べ、レンズのズーム倍率を12倍から15倍にアップ。広角側を31mm始まりに改良。ハイビジョン画質に進化した音フォト。
posted by でじこ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber-shot DSC-W80

Cyber-shot DSC-W80〜◇使いやすさを重視したオーソドックスなWシリーズで、初めて光学式手ぶれ補正機構を搭載した高性能モデル。強力な顔認識機能。ハイビジョン対応の音フォト。

posted by でじこ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber-shot DSC-W35

Cyber-shot DSC-W35〜◇Wシリーズのスタンダードモデル。 2万円台前半の手ごろな実売価格。約380枚の十分なバッテリー撮影枚数。操作方法を画面で説明する機能を搭載

詳しくはこちら
posted by でじこ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

本田雅一氏の求める条件にピッタリはまる「あのデジカメ」--ソニーのCyberShot T9

…そんな俺なわけなので、ひとつの製品を愛でながら使い続けるなんてことはほとんどない。しかし、そんな僕が比較的長い間、お気に入りアイテムとして使い続けているものがある。それがソニーのCyberShot T9である。手元にはもっと高性能なカメラがあるんだけど、どうしてもこれを使ってしまうんだな。


詳しくはこちら
posted by でじこ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こちらもどうぞ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。