2007年04月15日

ライカ、M8用最新ファームウェアを公開

Leica M8に最新ファームウェアをインストールすると、焦点距離16〜35mmのライカMレンズ使用時に、先に無料配布が開始された同製品専用UV/IRフィルターを装着して、画像の縁に発生する色を自動補正できるようになる。また、内部のプロセスステップも最適化される。


詳しくはこちら
posted by でじこ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こちらもどうぞ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。